2018年06月30日

pz式葦木場拓斗&新開悠人モデル配布


hakogaku_282_6.png
配布モデルの利用規約をオンライン上に公開しています。
モデルデータと一緒に同内容のtxtファイルが入っていますのでモデルをDLした方はよろしくどうぞ。
他に簡易ですが英語版規約と中国語版既訳も入っています。
不明なことや気になることがある場合はお気軽にお問い合わせください。

では、以下りどみです。
===========================
***************************
MMD用PMXモデル pz式葦木場拓斗_Ver.0.90
MMD用PMXモデル pz式新開悠人_Ver.0.90
おまけのスタミナバー(PMX)
***************************

制作:ぽん之助坂
制作環境:MikuMikuDonce Ver.9.22
PMXエディタver 0.2.5.4b
りどみの場所:

ダウンロードありがとうございます。
このフォルダのデータは『弱虫ペダル』のキャラクターの二次創作MMDモデルのデータです。
こちらは葦木場拓斗・新開悠人(&おまけのスタミナバー)共通の利用規約になります。

■モデルデータについての注意■

当データを使用したことにより何らかの損害が生じた場合、こちらでの責任は一切負いかねます。
使用は自己責任でお願いします。

――――――――――――――――――――――――――
※以下を禁止します。

・公序良俗に反する使用
・商用利用
・政治的利用
・(実在の)宗教的利用
・原作者・その他関係者に迷惑のかかること
・原作・キャラクターを貶めること(dis・ヘイト的なネタは禁止)
・見る人が不快になるような作品への使用
・このフォルダのデータの転載・再配布

――――――――――――――――――――――――――
以上を踏まえた上でご使用ください。

暴力・流血などの描写に関しては、全面禁止にはしませんが、R-18にならない程度にしてください。
また、暴力描写等に使用する場合は、わかりやすく注意書きするなどの対策をしてください。

ニコニコ立体にアップするのはご遠慮ください。
VR関連も禁止とさせて頂きます。

原作・公式に迷惑をかけない範囲での使用をお願いします。

R-18未満であっても、過激な表現に使用する際は、注意書き・タグ分け・検索避けなどの対策をしてください。


■改造・再配布について■

以上を踏まえた上での改造は、可です。
ボーン・ウェイト・物理演算やサイズの調整など、各自で使いやすいように手を入れて使っていただけると嬉しいです。(改造後のモデルは別名保存してください)
自作着替え・モデルの色替え・着替え用衣装データを着せる、なども可ですが、他の制作者様のモデルやアクセサリと合成する場合は、対象のモデル・アクセサリのreadmeや規約をよく確認して行ってください。そちらで禁止されている場合は、しないでください。
着替えは「衣装配布」として完全に衣装メインで配布されているものならOKです。
他の制作者様のモデルの頭部を取ってこちらの頭を乗せる、というのはNGです。
また、pz式モデルの体に別の制作者様のモデルの頭部を乗せるのもNGです。判断に迷ったら中止をおすすめします。

※pz式の衣装配布モデルはこの規約に則しません。衣装として好きにお使いください。
また、pz式の頭+pz式の別人の体、というケースは可。

例) pz式新開隼人の明早ジャージをpz式新開悠人に着せる→OK
   pz式新開隼人の明早ジャージを他制作者様のモデルに着せる→NG

※スタミナバーも、別フォルダに入れていますがpz式新開悠人のアクセサリの一部という扱いです。データの再配布禁止・他制作者様モデルへの組み込みはご遠慮ください。色やサイズ変更・ボーンやモーフ追加などの改造はOKです。

あと、ないとは思いますが、当データでの自作発言は禁止です。

※再配布について
再配布は禁止です。
改造したデータの再配布も禁止です。
(ただし、合作による制作者間のみのデータの共用はOKです。その場合でも、誰でもダウンロードできるところに置いたりはしないでください)

※MMD・MMM・その他編集用のモデリングソフトやpmx編集ソフト以外のソフト・環境(3Dプリンタ関係・VR関係等)で当データを使用することについて:
再配布禁止・商用利用禁止に抵触しない範囲内では、禁止ではありません(禁止ではありませんが、限りなく非推奨です)。そして自己責任です。

あとダウンロード用のパスワードを公共の場所に書いたり、誰にでもわかるように教えたりしないでください。

疑問や不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください


■モデル本体について■

準標準ボーンはものによっては入っていたりいなかったりです。必要なボーンが入っていない場合はPMXエディタなどで追加してください。
モーフも、一般表記に沿っていない場合があるので、必要ならPMXエディタで修正などを。

葦木場はかなり背の高いモデルです。高身長男性モデル用のカメラでもはみ出す場合が多々あります。モーションも、読み込んでそのままだと動きが小さく感じられる場合があると思います。調整してあげてください。
モーション修正する場合はMMDの編集メニューにある「ボーンフレーム位置角度補正」を使って調整することをオススメします。
数値としては「ボーン位置」のXYZを全部*1.1〜*1.3ぐらいです。(悠人の方はそこまで規格外な身長でもないので、各自好みでどうぞ)
足の移動量が変わると制服版は裾の挙動が変わってきます。破綻しやすい場合はモーションの移動量を調節すると破綻が回避できるかもしれません。

*おすすめの物理演算破綻対策*
・破綻部分をカメラに写さない
・物理演算をオフにする
・分割して出力する
・手動で修正する 等

材質モーフ(グローブ消しやゼッケン消し等)は、使っているMMEによっては正常に作動しないことがあります。

悠人のモーフ「瞳AL」はAutoLuminous(そぼろ様作のMME)で目を光らせるためのモーフです。
モーフは複数種類を大きい数値で混ぜると破綻することがあるのでご注意ください。あまりに崩れるようでしたら修正してあげてください。
モーションや物理演算・モーフの破綻修正は、全て完璧に修正するというのは大変ですし、見落としやどうしても修正不能なことというのもあると思うので、絶対全部直してくれとは言いません。(というか、私自身がモーション修正が甘い人間なので、できる範囲で直してくれると嬉しいです、くらいの温度です)
でも、全身骨折とか裾が吹っ飛んで遠くに行っちゃってるとか顔が破綻してぐちゃぐちゃ、とかはできれば回避してあげてください。メニュー「物理演算」の「剛体位置初期化」や、メニュー「編集」の「ボーンフレーム位置角度補正」「表情大きさ補正」でワンタッチでどうにかできることもあるので、よろしくお願いします。

視野角は基本的に小さめ(24度以下くらい)をおすすめします。アップなら10度前後、バストショットなら15度前後くらいを推奨します。視野角の大きさでけっこう印象が異なると思うので、色々試していただければ嬉しいです。


至らないところの多いモデルだと思いますが、楽しんでいただければ幸いです。


では、読んでいただきありがとうございました。
このモデルたちが、誰かの役に立つことを願って。


※この規約は予告なく変更されることがあります

===========================
※更新履歴と連絡先のみここでは省かれています。

で、モデルデータについてのアドレスなど
DL先:
DL期限:9月末日まで(それ以降は申請していただく方式になります)
パス:
(葦木場)パス:この静画の番号+葦木場くんの名前(かな3文字)
(悠人)パス:この静画の番号+悠人くんの名前(かな3文字)

動作見本的な動画:…まだです

ついでに紹介用の静画をちょっと貼ります
hakogaku_282_2.png
hakogaku_282_7.png
hakogaku_282_8.png
hakogaku_282_5.png
MMEはこの記事で紹介したものをお借りしています。

というわけで、遊んで頂ければとても嬉しいです。
隼人&福富モデルは後日別記事でご案内予定です。こちらは最初から一般配布なし(申請受付のみ)ですので気が向いたら是非どうぞ。


posted by ぽん之助坂 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | MMDモデル配布

モデルで遊ぶときの細かいこと何やかや

今回のモデル配布にあたって、私が個人的に遊ぶときのメモを少し残しておきます。
りどみの補助みたいなものだと思っていただければ。

別にこうやって扱わないといけない!というわけではなく、私はこうやって遊んでいるのでお役に立つ情報があれば持っていってください的なものです。

※自作モデルを基本に話しますが、他制作者様のモデルでも小ネタ程度には使える…と思います。
※動画にして発表するというより、ローカルで眺めるときにちょっと手を加えたいとき用。

……tipsと言うほどでもないものが多いですが、よろしければどうぞ。


お題はこんなかんじです
・配布フォルダに入っているものを見てみる
・MMEを使ってみる
・簡単なモーション修正
・オマケ配布物


・配布フォルダに入っているものを見てみる

まずフォルダ内を見てみます。
ちなみに、MMDのモデル読み込み画面からではなく、エクスプローラー側からフォルダの中の内容物を全部一通り見てみるのをオススメします。
readmeとかテクスチャフォルダ(うちでは「t」という名前のフォルダです。テクスチャは「t」とか「tex」という名前のフォルダにまとめられていることが多いです。画像ファイルの数が少なければ、モデルデータと同じ階層にそのまま置いてあることもあります)があるかまず確認すると良いです。
りどみもテクスチャ画像もないモデルさんもたまに見かけますが、そのときは自分でメモ帳にダウンロードした場所と作者名をコピペして、フォルダ内にメモとして保存しておくと、後から動画に使いたい…クレジット表記は…、みたいになったときに便利です。

利用規約・readme・読んでください、等のtxtファイルは先に読んだ方が良いです。
ネット上に発表する予定がなくても、殆どの場合、そのモデルデータで遊ぶときに役に立つ情報が載っているからです。
(モデルの特徴・使い方・更新情報・注意点など)
他にも使い方解説の画像ファイルやオンライン規約ページへのショートカットなど、pmxファイル本体以外にも重要なデータが入っていることが多いです。
ローカルでとりあえず遊んでみよう、という場合でも、この辺はさらっとでも見てみるのがオススメです。

で、エクスプローラー側のフォルダからそのままpmxを開いたMMDにドラッグ&ドロップ。
人型モデルもアクセサリもステージもモーションもエフェクトも、MMD側の読み込み画面から呼び出すよりこの方式が楽だと思います。


WS000457.JPG
というわけで今回配布の悠人くんを読み込んでみました。

WS000458.JPG

カメラと照明が初期状態のままだと、影の出方があんまり…という感じなので、変更します。

WS000460.JPG
視野角30だとちょっと広角なので、これぐらいで。顔アップで見るならもっと小さく(10度未満くらい)しても良いと思います。ネットで見かけた情報だと、人の通常時の視界は視野角24度くらいだそうなので、それぐらいにしておくのも無難ではないかと。
照明は、正面から当てるのがだいたい無難だと思います。
WS000459.JPG
照明を変えるのと同じように、MMEでもう少し質感を足します。


・MME使ってみる

MMEの導入方法は省きます。vpvpwikiにまとめられていますのでまずはそちらを参考に導入してみてください。
MMEはかなりPC次第(というかグラボ次第)な面があるので、全然使わずに遊ぶというのもアリだと思います。
うちでもray-mmdが重いので真面目に使ってみたことがまだありません…w
そんな我が家の、とりあえず入れておいているMMEを紹介します。

■Diffusion&SSAO
DiffusionもSSAOも、たくさんのエフェクト作者様が作っていて、それぞれ少しずつ違います。
私がよくお借りしているのは
そぼろ様のDiffusion(現在Diffusion7を使用)

SSAOは
針金P様

です。ikeno様のikDiffusionもよく使っています。Diffusion重ねがけなんかもよくやります。
以前、オンボードのノートパソコンだった頃、シェーダモデル3.0に対応していなくてMMEは使えないエフェクトが多かった頃でも、Diffusionは使える場合が多かったのでその頃からお世話になってます。

で、HgSSAOとDiffusionを悠人君にかけてみると
WS000462.JPG
なんか目が痛いことに…
こんなときはメニューの「背景」→「アクセサリ編集」を開いて、
WS000463.JPG
DiffusionをHgSSAOより上にします。
そして「OK」を押すとこうなりました。

WS000464.JPG
エフェクトは効いてますが、背景が黒くなってしまいました。
ポストエフェクト(画面全体にかかるエフェクト・DiffusionもHgSSAOもポストエフェクトです)の中には背景を透過できないものがあって、Diffusionもそういったエフェクトの一つです。何か背景を読み込んでいればそんなに気にすることでもないのですが、今回はこの人型モデルだけの画面で説明したいので、ちょっと簡易的な背景(自作)を読み込みます。
WS000465.JPG
どっこいしょ。
座標軸の床部分がまだ黒いので、画面向かって右上にある「座標軸」のチェックを外します。
WS000466.JPG
更に光を足します。
(くるりんぽん様)
をお借りしました。

WS000467.JPG
明るくなったらモデルが背景の白と溶け合ってきているので、エッジを足します。

Dippen(rn9dfj3様)のBasic.xとDippenController.pmxを追加
Basic.vmdを読み込む


WS000468.JPG
ちょっとエッジを調節します。
モーフの「Erace」を0.5、「LerpRatio」を0.7に。
WS000469.JPG
忘れていたのでセルフシャドウをオンに。
WS000470.JPG
カメラを移動すると…
WS000471.JPG
DippenControllerさんの表示を消すのを忘れていました…w
WS000472.JPG
「表示」のチェックを外します。
WS000473.JPG
これぐらいのかんじにして遊んでいることが多いです。
自作モデルでも、お借りしたモデルでも。

※輪郭線エフェクトに関してはCroquis改を使っている場合も多いです。
こちらも大変お世話になっているエフェクトです。


WS000476.JPG
MME適応前

WS000477.JPG
MME適応後

あんまり変わらなくね?と思う方も居るかと思いますが、この辺は好みですので…
更に手を加えたい場合はこの後モデル個別にシェーダーを当てることもありますし。
ただ、この後悠人君を削除して(人型モデルが全然いない状態にして)pmmファイルに保存しておくと、MMEと背景の設定だけはすぐ呼び出せるファイルになりますので、他のモデルにも使い回せて便利、というのが大きいです。

ちなみにMMEなし・照明&視野角の操作なしだとこう↓
WS000478.JPG
どういう感じが好みかというのは人それぞれですが、MMEや照明の向きでちょっと感じが違う風にできる、というのが伝わればと思います。自分好みのエフェクトを探すのも楽しいですし、照明やカメラは本当にちょっといじっただけで違う雰囲気が味わえるので試してみてください。

あと、以前作ったMME適応比較画像を実はニコニコ静画に置いているので、よろしければ見てください(^^)


*長いのでここから畳みます*


続きを読む
posted by ぽん之助坂 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MMDモデル配布

2018年06月26日

お知らせの前段階

お久しぶりです。

今月中に、どんな状態であれ葦&悠のモデルは公開にしてしまおうと決めたので、それの準備を始めました。
現在、配布用のフォルダはほぼ出来ているので、あとはりどみと動作見本的な動画・ちょっと扱い方を書いた記事を用意して、それで公開にしようと思っています。
新&福も、数日くらいはずれ込むかもしれませんが近日中に公開にしておく予定です。

葦木場&悠人モデルは3ヶ月間くらいの一般公開を考えています。詳細はまた正式に配布お知らせをしたときに。

※このモデル公開が終わる頃とタイミングを合わせて、ぽん之助坂が配布している二次創作モデルは全て一般配布を終了いたします。※

後は全てツイッターかここ(メールアドレスを貼っておく予定)で申請を受け付けて個別に配布、という形に移行する予定です。
一般配布終了後に、特に規約の変更や使用制限は予定していません。既にモデルをお持ちの方は、同梱されているりどみに沿って変わらずご使用ください。(緊急の事態で後ほど使用条件が変更になる場合はあり得ますが、そのときはツイッターやブログで連絡をする予定です)
オリジナルモデル(猫とかカエルとか着替え・小物類とか)は変わらず一般公開のままにしておきます。規約変更なども今のところは予定していません。お気軽に遊んで頂ければ幸いです。

モデル配布の申請に関しては、後ほど細かいところはこのブログに記事を作る予定ですが、よほどのことが無い限り、「日本語を読み書きして私と遣り取りができる」とわかる方ならまず大丈夫です、くらいのゆるさで行くつもりです。
二次創作のモデルを長期間出しっぱなしはやっぱり物騒だよな…とは以前から思っていたのでこういう配布形態に移行しようと思っただけで、そんなに厳しい制限を設けるつもりはないです。

お知らせはとりあえず以上です。
まあ要するに、「細かいことはまた記事を書くから、今のところはだいたいこんな風に動いていく予定なんです」的な薄いお知らせです……。

これからしばらくは少しマメに記事が書ける状況になりそうなので、なるべくわかりやすい記事作りがしたいな…

解らないことや質問などありましたら、気軽にツイッターやここのコメント欄(こちらが認証するまで非公開という仕様なので、非公開のままご質問いただくことも可能です。コメントの公開を希望しない場合は一言添えていただければ公開しません)をお使いください。ツイッターも、DMを受けられる設定にしてあります。問い合わせに返事が一週間以上返事がない場合は、DM・メールの不着が考えられます。その場合は、お手数ですがもう一度ご連絡ください。







※※追記欄は相変わらずの自分用メモです※※


続きを読む
posted by ぽん之助坂 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(MMD)

2018年05月08日

【アクセサリ配布】うさばするーむ(一応ステージ付き)


hakogaku_281_1.png
何とか間に合いそうなので、去年配布し損ねたウサギ風呂(……)でOMF8に参加してきます。
ウサギ風呂とは何なのか…深く考えてはいけない系のお風呂セットです。
(セット内容は↓下に書いてあります)

お気軽に遊んでくだされば嬉しいです。

以下にりどみを転載しますので、先に確認したい方はどうぞ。
(フォルダの中にもりどみは入っています)


********************************************
MMDアクセサリモデルセット「うさばするーむ」
********************************************

制作:ぽん之助坂
制作環境:MikuMikuDonce Ver.9.22
PMXエディタver 0.2.1.9
りどみの場所 ココ


ダウンロードありがとうございます。
このフォルダのデータはMMDモデルのデータです。
オリジナルモデル(.pmx)です。
静画撮影用に作ったウサギ型浴槽と周辺小物たちです。


■モデルデータについての注意■
当データを使用したことにより何らかの損害が生じた場合、こちらでの責任は一切負いかねます。
使用は自己責任でお願いします。


――――――――――――――――――――――――――
※以下を禁止します

・公序良俗に反する使用
・商用利用
・政治的利用
・(実在の)宗教的利用
・見る人が不快になるような作品への使用
・このフォルダのデータの転載・再配布

――――――――――――――――――――――――――
以上を踏まえた上でご使用ください。

「公序良俗に反する使用は禁止」というのは、成人向け表現であってもモザイクや消しを入れてくださいという意味です。

未成年が見る機会が多い場所に過激な表現のものを置かない(そういう場合は注意書き・モザイクを増やす・承認制の場所で発表するなどの何らかの対策を取ってください)ようにしてください。

あと、アダルト表現禁止のモデルさんをアダルト表現に使わないよう注意してください。お風呂なのである程度セクシーな表現に使用することもあると思いますが、使用するモデルさんの利用規約に合わせた使い方をしてください。

「見る人が不快になるような作品への使用禁止」は、個人攻撃や特定の物事に対しての激しいヘイト描写・disなどの表現が含まれる作品に使わないで欲しい、ということです。

上記を踏まえた上でなら、アダルト・グロ表現にこのデータのモデルを使用するのはOKです。
一緒に使う他制作者様のモデルの規約に充分注意して使用してください。


改造・改変については(使用についての上記の禁止事項を踏まえた上でなら)特に制限はありません。
使いやすいようにいじって遊んでください。


再配布は原則、禁止です
※合作などによる限られた制作者間のみのデータのやりとりは可。ただし誰でもDLできるところにデータを置いたりはしないでください。

このモデルデータのパーツのみを流用して使用するのはOKです。
ただし、このモデルデータのパーツを使用した場合、そのデータは再配布しないでください。

あと、ないとは思いますが、当データでの自作発言は禁止です。

ニコニコ立体にアップロードしないでください。
3Dプリンター関連は非推奨です。自己責任で。


■モデル本体について■
内容:
うさばす部屋
うさばす浴槽
うさばす桶
うさセッケン
タオルラック
ボトルケース
シャンプーボトル
ジェルボトル
ボディブラシ
ガラス瓶
風呂アヒル
泡セット


全てPMXファイルです。
拡大縮小モーフが入っているものもあります。
泡消しや水面を操作するモーフが入っているものもあります。
MMEを介する仕様ではないので、水面や泡の表現は各自でエフェクトとか用意されても良いと思います。
頂点数が少ないわけではないので重いときはご注意ください。

サイズやボーン・UV・モーフなど、各自使いやすいように改造して使っていただけると嬉しいです。

※泡セットはモデルやアクセサリにくっつけて泡だらけの見た目にする、というアクセサリです。半透明ですので描画順に注意してください(泡を描画順でなるべく下にする)。

ツリー登録やクレジット記載は、してもらえると嬉しいですが強制ではありません。
元ネタがあるグッズ(実在する商品など)もあるので、元ネタをdisる行為には使わないで欲しいです。

では、読んでいただきありがとうございました。
このモデルたちが、誰かの役に立つことを願って。


※この規約は予告なく変更されることがあります
********************************************

以上です。
よろしくお願いします。

パスはOMF8です
OMFのモデル投稿所:http://rara.jp/mmdomf/のNo.415

後はこの下に別角度の画像とか、過去にこのモデルデータで作ったMMD画像を貼っておきます。
参考というか、よかったら見てください。








続きを読む
posted by ぽん之助坂 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MMDモデル配布

2018年04月22日

モデリング日記19――細かいところ調整とか修正とか続き

さて、今日は作業するぞ、とやっと机に座ったところです。
今日は一区切りするところまで行って明早登場回をゆっくり見るのが目標です。
録画溜めてるんです…見たい…


さて、葦木場くんの調整を始めました。
とりあえず直したかったのは瞳のテクスチャです。
ぐるぐる目にしたかった。
WS000456.JPG
遠目で見ると全然わからないというかまたも地味な変更点です…

このへんの修正作業をしていると、すごくモデリングしたくなってきます。
ZBrush coreとか、買ったのにほとんど遊べてなくて寂しい。

と言いながら続きです。
悠人君の調整時に書いたメモを参考(このブログの存在意義)にぽつぽつ進めます。
悠人くんのときも思ったんですが、制服の裾は裏ジョイントない方が無難かなあ…
とか考えながらとりあえずで配布用フォルダに放り込みます。

今月中に葦&悠はまとめて動画作ってしまいたい…
OMF用になんか新しく小物作ったりもしたいなーと思っています。

それで、この二人はだいたいまとまってきました。
hakogaku_279_1.png

motion:Oisis様

忘れ物メモ:センターをy:8にしておく
「大口」は隠しモーフにする(調整用なので配布用には別に必要ない。でも貧乏性なので残しておいている)

そろそろ利用規約を作って、あと使い方メモみたいなものをこのブログかhtmlにでもしておこうと思っています。
秦野二人の調整と作りかけの動画の続きもさっさと進めたいです。
というわけで多分次回は新&福の調整を書きたいと思います。




posted by ぽん之助坂 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(MMD)